クラミジア追撃!クラビットとジスロマック砲

他の性病に感染しないために

特に10代から20代に感染が多いとされていて、自覚症状を伴うことも少ない病気であるクラミジアは性感染症の中でも感染率が最も高い病気とされています。
感染は患部の直接の接触によって感染し、セックスやアナルセックス、オーラルセックスによって感染します。
クラミジアの菌は男女の性器に住み着き、ノドに感染して住み着いてしまうこともあります。
コップやペットボトルでの飲み回しや便座、お風呂で感染することはありません。
それはクラミジアの菌は尿道や子宮の入り口の細胞に感染することから、感染成立には触れるだけでは感染できないので、、セックスなどが感染成立の条件を満たしているのです。
自覚症状は女性が特に少なく、感染していても気づかないためにクラミジアを放置してしまっているケースが多いです。
不正出血やおりものの増加などの症状なので、生理前やホルモンバランスの乱れから同じような症状がでるので、症状に気付けないことが多いようです。
治療しなければクラミジアは進行し、子宮内膜から卵管、腹腔内にまでいき、そこまで感染が拡がってしまうと激痛が起こる場合があります。
症状を悪化させないためには、定期的に検査を受けることが大切になってきます。
また他の感染病への感染率もかなり高まるので早期の治療が重要になります。
治療にはクラビットと呼ばれる抗生物質を用います。
クラビットとは、細菌による感染症に効果があり、クラミジアをじはじめレジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも有効なクスリとなっています。
感染症に効く成分が含まれており、レボフロキサシンという成分になっており、感染症の治療に高い効果を発揮してくれます。
副作用は、吐き気や嘔吐、胃痛などが挙げられます。
病院で診察を受けてクスリを処方してもらうことに抵抗がある方は、個人輸入代行サービスを使えば、ジェネリックを購入することができるので、身近な人に気付かれずに治療を行うこともできます。
また効果が変わることもありません。
ジェネリックなら価格も安くなっているので経済的にも負担を減らせるので、再発防止のために多めに買っておくことがお勧めです。