クラミジア追撃!クラビットとジスロマック砲

クラビットの特徴

クラビットとはニューキノロン系抗菌薬で、有効成分はレボフロキサシン水和物となります。
主に肺炎や、膀胱炎、マイコプラズマ、クラミジア感染症などに処方されます。
点眼薬もあり、子供の花粉症などにも使用され、幅広く使用されています。
ニューキノロン系の抗菌薬は、薬が菌に長く接触するよりも、薬事態の濃度を高くすることにより殺菌力を強くさせられる、濃度依存性として人気となっています。
日本の第一三共薬から販売されており、感染症の薬としてはなくてはならない存在となっています。
細菌のDNAの繁殖を抑え、殺菌してくれます。
特にクラミジア感染症に効果的です。
クラミジアですが、日本で一番多い性感染症で、特に若い世代に感染者が多いとされてます。
なぜ、日本で一番感染者が多いかと言いますと、感染している自覚が無いからだと言われてます。
症状が出にくく、感染したことに気付かないまま、他のパートナーに感染させてしまい、拡大させているといった状況です。
特に女性は全く症状が出ない方が多く、症状が出たとしてもおりものが少し増えるぐらいで全く気付かないです。
しかし、そのまま放置してしまますと、女性は不妊症になったり、妊娠しても流産しやすくなる可能性が出てきます。
そして自然分娩の場合、出産時生まれてきた子供に感染させてしまう場合もあります。
そうなりますと、肺炎になったり、重大な疾患をおこしたりと最悪な形になります。
そして、これは男女ともにいえるのですが、HIVになる確率が通常よりも5倍なりやすくなるとされています。
5倍とは、かなり確率が高くなってます。
そこで、クラビットですがクラミジアに感染した場合、男性、女性両方とも、長くても一週間程度服用します。
そこでほぼ完治すると言われています。
現在ではジェネリック医薬品も販売されており、全く同じ効果が期待できます。
ネットなどで個人輸入できますので、病院へ行くのが恥ずかしいや、パートナーに飲ませたいと言った方は試してみてもいいかもしれません。
ジェネリックとは?と感じる方もいるかもしれませんが、同じ有効成分で、全く同じものです。
特許が切れた先発薬に対して、同等に作ってるので後発薬と呼ばれてます。
後発薬ですが、価格は先発薬よりお求めやすくなっており、若い世代で性感染症にかかってしまった方には手にしやすいい薬だと思います。
ただやはり、薬は薬ですので、副作用などに気を付け、必ず決められた通りに服用して下さい。