クラミジア追撃!クラビットとジスロマック砲

あらゆる感染症に効くクスリ

クラビットとは、商品名であり一般名はレボフロキサシンと呼ばれる、ニューキノロン系の抗菌薬である。
細菌による感染症に強く、クラミジアやりん病などの性感染症などの治療に用いられ、治療に高い効果を発揮する。
性感染症以外にも肺炎や気管支炎、扁桃炎や咽頭炎などのウィルスによる感染症にも効果がある。
性感染症であるクラミジアは男女ともに症状に気付きにくく、無自覚のため症状を悪化させてしまうことが多い。
性感染症の中でも感染率がもっとも高く、症状に気付かずに性行為を行ってしまったり、パートナーが変わって感染させてしまい感染拡大の原因にもなっている。
こういった場合、感染原因が特定できず、トラブルになるケースも少なくありません。
また年齢別に見てみると、10代から20代の女性が感染していることが多く、性行為に対する考えや知識が薄いまま性行為を行ってしまっている事や低年齢化や多様化が感染率を高めてしまっている要因となっている。
また男性の場合は風俗店を利用する人も少なくなく、サービスの内容としてオーラルセックスのサービスが主なサービスとなっているので、ノドに感染してしまうケースがあります。
クラミジアの菌が住み着くのは性器とノドであり、稀ではありますが、精液や膣の分泌された液体が目に入った場合、結膜炎などの症状がでる場合があります。
症状として、女性の場合は子宮頸管炎を起こしますが、感染を自覚することがほとんどありません。
感染が子宮内膜、卵管、腹腔内と広がり、最終的に激しい痛みを伴います。
男性の場合には尿道に痛みや痒みまたは不快感を感じ、女性に比べ症状を自覚することが多いです。
クラビットは、こいったクラミジアなどの性感染症や感染症の菌の増殖を防ぎ、菌を死滅させてくれます。
副作用も少ない方と言われていますが、発疹や下痢などの症状がでる場合があり、こういった症状が長く続く場合はすぐに医師に相談してください。
ジェネリック医薬品なども登場していますので、再発の予防のためにも常備しておくことをお勧めします。