クラミジア追撃!クラビットとジスロマック砲

クラビットの薬効

クラビットを通販してクラミジアを治療する|お薬110番

クラミジア性感染症の治療法において、抗生剤を使用しての治療が通常で、男女での違いもありません。
また、この細菌の潜伏期間が男女ともに2週間と言われているため、完治させるための基本的方法としては、性感染症に高い効果をもつ抗生剤を1~2週間継続して内服することです。
また、内服を継続し、その投薬完了から3週間以後に原因菌の検出検査で陰性が確認されて初めて、完治したこととなります。この検査が陽性の場合は、抗生剤を変更しての更なる内服継続治療が必要となります。
現在は、通販等でご自宅で検査ができる性病検査キットも販売されており、病院に行くことなく検査ができるのは便利で、完治やピンポン感染の有無の判別も可能となりました。

主な内服薬にクラビットがあげられますが、その詳細は、キノロン系に属した合成抗菌剤で、ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤ともいわれるお薬です。クラミジア菌以外に、マイコプラズマ、グラム陽性菌、レジオネラや尿路感染の際など、多くのケースで使われています。

細菌が増殖するには蛋白質が必要となりますが、キノロン系製剤は、この蛋白質の元となる核酸生成を阻害することで、細菌を死滅します。
ジェネリック薬剤としては、レボフロキサシンが有名ですが、これは従来の合成抗菌剤と比べ抗菌力が増強され、更には副作用の出現率も改善されています。

服用方法と使用上の注意点
飲み方としては、必ず食後に服用し、飲み忘れに注意する必要があります。勝手に自己判断で中止したり、増減をすることは完治につながらないため注意が必要です。
まれに過敏症状として発疹やアレルギー症状が起こった場合は、すぐに使用を中止し、医師へのご相談が必要です。
また、日光過敏症の副作用もあるので内服中は、長時間の日光浴は控えることがいわれれています。
まれな症状の一つとしてですが、眠気も挙げられているので、車の運転や高所作業は十分な注意が必要です。

その他の治療薬として、ジスロマックも昔から使用される抗菌剤です。これは真菌やマイコプラズマといった細菌にも有効なお薬です。有効成分としてはアジスロマイシンです。病院では第一選択薬として使われることの多いお薬です。
また、ジスロマックの効果がイマイチな場合には、クラビットを併用することが勧められます。